特定の企業に属しないフリーランスの魅力

日本人の働き方には様々な種類がありますが、幅広い世代から注目されているのが「フリーランス」という働き方です。
フリーランスとは1つの企業に属することなく、複数の企業や個人と契約を交わし、仕事をこなしていく働き方を意味しています。
アメリカでは日本よりもフリーランスが主流となっており、約30%の方々がフリーランスとして働いているそうです。
日本でも着実に増えているフリーランスには、一体どのような魅力やメリットがあるのでしょうか。
まず第1に挙げられるのが、「収入の増加が期待できる」ことです。
会社員として働いている場合、自分が頑張って成し遂げた仕事でも、売上は全て会社のものです。
頑張った分が給料やボーナスに反映されれば良いのですが、そのような柔軟な対応をしてくれる企業ばかりではないでしょう。
一方、フリーランスは個人で契約できるので、基本的に売り上げが全て自分のものになります。
必要な経費を差し引く必要はありますが、職種によっては大きな収入が期待できます。
また「時間に縛られない」ことや、「自宅で働くことが可能」なことも、フリーランスの大きな魅力です。
家事や子育て、介護などの家庭の仕事を抱えている方にとって、これ以上ないぐらい最適な働き方だと言えるでしょう。
さらに、フリーランスは「人間関係の悩みから解放される」メリットもあります。
どんな職場でも、人間関係のストレスはつきものです。
わずらわしい人間関係に深入りしなくて済むことも、フリーランスの魅力です。

→フリーランスについてさらに詳しく知りたい方は<興味アリ?フリーランスの仕事>を要チェック!