フリーランスの利点と注意点

IT業界では、会社に雇用されずにフリーランスとして働く選択をする方も少なくありません。
フリーランスのエンジニアとして活躍する上でのメリットの1つが「自由に選択できる勤務時間」です。
これはエンジニアに限らずフリーとして働く全ての職業に共通するもので、「プライベートと仕事の両立がしやすい」点が大きな魅力です。
同様に「仕事の選択」も自身の判断で行うことができます。
会社に雇用されて働いている場合、基本的に組織としての利益が個人の考えよりも優先されるため、気乗りしない仕事にも取り組まなくてはいけないケースも少なくありません。
しかし、フリーランスは個人の気持ちを優先することができます。
そのほかにも、社会人の転職の理由で上位に挙げられる「職場の人間関係の悩み」から開放される点もメリットの1つです。
とはいえ、必ずしもメリットだけがあるわけではなく、いくつかのデメリットもあります。
その1つが「仕事における責任」です。
フリーランスは仕事を取ってくるのはもちろんのこと、それに関わる全ての責任を自分で負わなくてはいけません。
前述した個人の気持ちで仕事を選べるというメリットは、自己責任というデメリットも併せ持っていると言えます。
そのため、与えられた仕事をこなしていく会社員とは違い、常に「目標を定めておくこと」や「モチベーションを保ち続けること」を意識しておかなくてはいけません。
収入についても、自分の頑張りがそのまま反映されるので「不安定になりやすい」という部分がデメリットになることもあります。